讃岐うどん/竜雲/高松市仏生山町/法然寺境内で、2日間かけて作られるうどんとは??

香川県うどん屋突撃レポート
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

 

さぬきうどんのことなら俺に聞け、俺が香川のうどん王になる』と夢はでっかく語っている

 

 

うどん県は高松市に住む、『UDONどん』です。

 

 

Twitterでも情報公開中です⇒(@UDONDON14856182

 

 

本日ご紹介するのは~

 

じゃじゃん。

 

 

高松市仏生山町にある『竜雲』

.

 

では、早速レッツゴー!!

 

スポンサーリンク

高松市仏生山町にある『竜雲』に行ってきました。

こちらのお店の創業は平成3年

 

 

こちらのお店は法然寺境内にお店があります。

 

 

以前は、もともと麺職人「松野さん」という方がやられており、廃業後、製麺機一式と業を松野さんから
社会福祉法人竜雲学園が譲り受けて営業をはじめたそうです。

 

 

また、お店こだわりの製法としては、練り水には軟水と仏生山神崎屋の麺専用酢を使用し、じっくり2日間かけて丁寧に製造しています。

 

 

お酢を使用するのは珍しいのではないかと思います。

 

また、この日は、こちらのお店で3店舗目のうどん屋さん訪問でした。

 

 

朝から、「池上製麺所」「手打ちうどん のぶや」に行っていました。

 

お腹がいっぱいだったのでほんの少しだけ、法然寺内を散策しました。

 

 

向こうの方に見える階段は上がってません(笑)

 

ほんの少しの散策が終わり店の方に帰ってくると、すでに満員で、待ち時間がありました。

 

 

名前を書き、5分くらい待っていると呼ばれました。

 

 

では、入店します。

 

スポンサーリンク

『竜雲』の特徴を簡単に説明

法然寺境内で営業しているお店

じっくり2日間かけて製造した麺が食べられる

つけ麺が有名

『竜雲』の注文方法のご紹介!!

「竜雲」は一般店です。

 

 

お店に入店してから退店までの流れです。

 

 

机の上にあるメニュー表から選び、店員さんに注文してください。

 

食べ終わったら会計後、退店です。

 

スポンサーリンク

『竜雲』の食べログの口コミをご紹介!!

讃岐うどんの新しいスタイル?坦々つけうどん

こちらも同じうどんですが、つけ汁が坦々スープでゴマの風味が漂う、ちょっとだけピリ辛のつけ汁でした。
これがまた美味しかったんですよ。最初はそのまま、次に温玉を潰してマイルドに最後につけ汁にご飯を投入と3段階に楽しめました。

食べログから引用

こちらは、つけ麺も有名なお店です。
2種類のつけ麺があり、まずはつけ麺で楽しみ、お次は温玉でマイルドに、最後はご飯を投入して〆に。
この3段階に楽しめるがうれしい。たまにはつけ麺もいいですね。

『竜雲』のお店情報です!!

店名:竜雲
お問い合わせ:087-889-1217
住所:香川県高松市仏生山町甲3207-2 法然寺境内
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)
定休日:火曜日、金曜日
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

『竜雲』のメニュー一覧です。

かけうどん:300円
釜揚げうどん:500円
きざみ揚げうどん:530円
きざみ揚げカレーうどん:580円
肉うどん:600円
温玉肉ぶっかけうどん:700円
肉ぶっかけうどん:650円
生醤油うどん:450円
ぶっかけうどん:400円
ざるうどん:380円
冷やしうどん:380円

<ごまだれつけうどん(ごはんつき)>

担々つけうどん:750円
牛と温玉のつけうどん:750円

<天盛りとの組み合わせ>

ざるうどんと天盛り:930円
生醤油うどんと天盛り:930円
かけうどんと天盛り:930円
ぶっかけうどんと天盛り:930円

<お得な組み合わせ>

季節の野菜天丼と担々つけうどん:980円
季節の野菜天丼とぶっかけうどん:680円
そぼろとかけうどん:580円

<リニューアルオープン10周年記念>

鍋焼きうどん:880円

 

全てのメニューに+50円で1.5玉、+100円で2玉
また、麺の替え玉が+100円です。

※上記金額は実際に訪問した2020年2月現在のものです。変更になっている場合もありますがご了承ください。

スポンサーリンク

そぼろとかけうどんのセットメニューを食べました。

本日うどん屋3軒目の訪問。

 

 

すでにお腹がパンパン気味ww

 

 

行く前は、つけ麺を注文しようかと考えていたのですが、やめて、こちらのそぼろとかけうどんを食べました。

 

 

では、いただきます。

 

麺は細くもなく太くもなく普通くらいの一般的な太さの麺です。

 

 

じっくり2日間かけて製造した麺は、艶があり、程よいコシもあり上品な麺です。

 

 

スポンサーリンク

 

お次は、出汁。

 

 

透き通ったきれいな黄金色の出汁で、イリコの風味が豊かです。

 

 

ウマいな~。

 

 

出汁の味の濃さもちょうどいい感じで、うどんによく合いますね。

 

 

お次はそぼろ丼。

 

 

こちらは小さなそぼろ丼ですが、一切の手抜きなし。

 

 

そぼろも、甘辛くちょうど良く煮込まれ、白米によく合う~!!

 

 

こちらもすごくおいしいです!

 

 

法然寺境内で食べるからか全てにおいて、上品さが感じられますねww

 

 

スポンサーリンク

まとめ

法然寺境内にあるお店で、お昼ごろは店内いっぱいのお客さんでにぎわっています。

 

 

一般店なので少し回転は悪くなりますが、待ってでも食べてもらいたいうどんです。

 

 

また、次回はつけ麺もチャレンジしたいと思います。

 

 

高松に住む地元民が今までに行ったうどん屋情報です。ぜひ他のお店も参考に!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント