香川のお菓子・おいりとは?またSNSで話題のおいりソフトがかわいい

香川県のおすすめグルメ(うどん以外)
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

香川伝統のお菓子「おいり」とは??

色とりどりのパステルカラーに、ころっとした丸い形が何ともカワイイ「おいり」は、香川県西部で以前から婚礼の贈り物の一つとして親しまれてきた煎り菓子です。全国的に認識されるようになったここ最近では、香川お土産としても大人気です。餅米を「煎る」と嫁に「入る」をかけて、おいりと呼ばれる様になり、ころっとした形は、「まるい心でまめまめしく働きます」という花嫁さんの心境を表しているともいわれています。

「おいり」はどんな味なの??

サクッとした歯ごたえの後に、すっと溶けてなくなる軽い口どけがたまりません。一般的なひなあられの風味に似ており、甘さは控え目です。

おいりはどこで売っているの??

香川・高松では高松東イオン内にある「だがし夢屋」内に売っていました。他県では不明ですが、高松東イオン内には売っていました。また、他には栗林公園内にある「かがわ物産館栗林庵」、サンポート内にある「四国ショップ88」「丸亀城内観光案内所」、「丸亀町アンテナショップ」、「源平の里 むれ」「御菓子司 寳月堂 本店」「山下おいり本舗」など県内にはおいりを売っているところがたくさんあります。この他にも特に西讃の方のお店には売っているところがたくさんあると思います。

スポンサーリンク

通販ではお取り寄せできるの??

楽天でお取り寄せできます。 

お取り寄せはこちらから

2008年に誕生した「嫁入りお入りソフト」がインスタ映え抜群です。

ピンクや白、黄色の米菓子「おいり」をトッピングしたソフトクリームが、インスタグラムなどのSNSで話題になっています。「おいりソフト」の元祖は琴平のこんぴらさんにある「ナカノヤ琴平」さんです。「ナカノヤ琴平」は、大正3(1914)年創業の老舗土産物店で、香川のうどん作りを体験できる「中野うどん学校」も主宰するなど、香川の良さを観光客の皆さんに知ってほしいという思いからこちらの「おいりソフト」も生まれたそうです。

中野うどん学校高松店のうどん作り体験はこちら↓↓

サクッとした軽やかなお入りが、冷たいソフトクリームとともにすっと溶けてなくなり、あっさりとした控え目な甘さが、コクのある和三盆の風味を引き立てます。

スポンサーリンク

おいりソフトクリームを高松駅で手軽に食べれる場所とは??

香川に観光に来てもこんぴらさんに行く時間はない方、そんな時間のない旅人でも高松駅近くのマリタイムプラザ高松で食べられます。マリタイムプラザ高松はショップやレストランが入る複合施設です。その1階には四国のお土産がそろっているお店「四国ショップ88」があって旅の締めくくりにはもってこいです。ここで「おいり」も買えますのでお土産にぜひ!!そして、そのお隣にあるのが「おいりソフト」を食べられる「ちょっとカフェ」があります。
「お嫁入ソフトカップ」250円
時間のない方はここに来ただけで四国に来た感が味わえるのでお勧めです。

マリタイムプラザ高松
〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1

実際に「おいりソフトクリーム」を作ってみました

おいりは高松東イオンの「だがし夢屋」で購入しました。

ソフトクリームは「しおのえふじかわ牧場のソフトクリーム」を使用しました。


実はふじかわ牧場のソフトクリームは塩江がメインですが、高松でも食べられるところがあるんです。それは、レインボー通りにある「ふーずらんど高松店」の敷地内にあります。


こちらのふーずらんどは普通のスーパーマーケットとは違い、学校給食食材や業務用食材を一般に販売しているスーパーになります。なので、子供のころ学校給食で食べていた「クレープ」も購入できますよ。気になった方はぜひ!!

少し、話はそれましたが、「ふじかわ牧場のソフトクリーム」は牧場ならではの濃厚ですが意外とさっぱりとしたソフトクリームです。正直、めちゃくちゃおいしいです。値段も330円でお手頃です。

メニューは牛乳、ミックス、いちごみるくの3つでコーンに入れるかカップに入れるか選択できます。

そしてこのおいりとソフトクリームを使って自作の「おいりソフトクリーム」を作ってみました。

影があっていまいちでした。この日はとても暑かったので、すぐに溶けてきました。もう少しきれいに写真を撮りたかったのですが溶けてきたので断念。

所在地:香川県高松市多肥下町1541番地17ふーずらんど敷地内
営業時間11:00~17:00
まとめ

自分の生まれ育った地域のお菓子が注目されるのはうれしいものですね。おいりさえ手に入れれば簡単に自宅で作ることができるので、夏になると子供と一緒に作ってみてもいいと思います。ソフトクリームではなく、カップに入れると少し溶けたくらいでのせるといいのでゆっくり作れますね。小さなお子さんがいる方はぜひ体験してみてください。

コメント